ハンドメイドアクセサリー作家、えのこの日常

えのこのアトリエ

ハンドメイド レシピ

【レシピ紹介】余った長いTピンとビーズでトレンドのスイングイヤーアクセサリーを作ろう!

投稿日:

こんにちは。えのこです。

今日は、一日中、クーラーの聞いた部屋でゆっくりパーツの整理をしていました。

そんな中、気になったビーズとちょうど余っていた長いTピンを見つけたのでトレンド感が満載なスイングピアスを作ってみました!
深くデザインなどを考えず、気軽にさらっと作れたので、是非皆さんにご紹介させてください!

 

【レシピ紹介】余った長い9ピンとビーズでトレンドのスイングイヤーアクセサリーを作ろう!

材料のご紹介

ピアス金具又はイヤリング金具(カンが付いているお好みの物を選んでください。)

Tピン 0.7mmx75mmを2本 0.7mmx65mmを4本(100均でもパーツやさんでも売っています。長いのしかなかったら、少し切って長さ調整をしましょう)

丸カン (0.7×5mm4個 パーツクラブや貴和製作所、セリアで販売している丸カンセットが少量でお勧めです。)

お好きなビーズ6個(私は、大理石の様な色合いのアクリルビーズ2個 既に廃盤になったスワロフスキー・クリスタルのビーズ2個 樹脂パール8mmを2個用意しました。お好みの色を選びましょう)

作り方その① まずはTピンの先端を丸ヤットコを使って丸めよう!

丸ヤットコを使ったピン丸めの技法は下記の方法をご覧ください!

 

アクセサリー作りの基本ピン丸めの方法を詳しく紹介!

ただ、注意なのが、今回はあえて余っているワイヤーの部分は切り落とさずに、先端の方だけを丸ヤットコで丸めましょう!
指で曲げると変なところに力がかかって曲がってしまう為、平ヤットコで最初は丸める分のワイヤーの長さを確認して、直角に曲げた方が綺麗にカンが作れますよ!

こんな感じになります!そうしましたら、残りすべて先端を丸めましょう!

好きなビーズをどの長さに通すか決める際は、左右同じ方がいいと思います!

作り方その② 作ったそれぞれのワイヤーを思い思いにカーブをつけてみよう!

まずはヴィンテージスワロフスキー・クリスタルを使用した物は、虫刺され用の薬の蓋(笑)でカーブをつけてみました。

蓋の直径は大体2.5cmです。

 

ぐっと蓋に沿うように押し付けます!

この様な緩やかなカーブを描くモチーフを作ってみました!

 

つぎはパールのワイヤーです。えのこは少し変化をつけたかったので、接着剤の蓋(直径2cm)を用意しました。

さっきと同じく押し付けた後、少しカーブがきつすぎると判断したので、指で微調整を行いました。

パールの少し上から別方向に曲げてみました。

なんだか、?マークみたいになりましたが、問題ないと判断して、次に行きました。(笑)

ここまでノープランでワイヤーをカーブさせてきましたが、最後の一番長いワイヤーになります。
最後は、道具に頼らず、一番緩やかなカーブを作っていきます。

 

簡単な方法としては、親指と人差し指でワイヤーをはさみ、ゆっくりしごきながら曲げていくと、いびつな形にならずに綺麗に曲がっていきます。

この様になりました~

作り方その③ それぞれのモチーフを丸カンで一つにまとめましょう!

これらを片耳1種類ずつ、計3本を丸カンでまとめます。すべてが同じ向きで丸カンでまとめてしてしまうと動きが出なくなるので、カーブの向きが向かい合わせになる様に通すと良いです!

最後はピアス又はイヤリング金具を繋げて、少しワイヤーを動かして、バランスを整えたら完成です!

まとめ

簡単で、余ったTピンとビーズで簡単にできるスイングアクセサリーはいかがでしたでしょうか?

私で制作時間が30分も掛からなかったので、とっても手軽でした!
あれこれ、デザインを考えなくても、しっかりとトレンド感もあふれ、高みえするアクセサリーなので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

それではまた~

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

-ハンドメイド, レシピ

Copyright© えのこのアトリエ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.