ハンドメイドアクセサリー作家、えのこの日常

えのこのアトリエ

ハンドメイド

バックの中でカギどこ行った!?をもうやめたい!自作キークリップの紹介

更新日:

こんにちは。えのこです。

今日も日常編で、日々の悩みを解決してくれるアイテムを作ったので、作り方などをご紹介します。

バックの中でカギどこ行った!?をもうやめたい!自作キークリップの紹介

ビジューを張り付けた自作のキークリップ

だらしがない私はいつも家の鍵を、鞄の中にポイっと入れてしまい、いざ帰ってきたときにあれ?カギどこやったんだろう!?
と毎日の様にやります。決まった場所に入れればいいだけの事なのに...それが出来ないんです。

 

それで、時間がかかり過ぎて足や腕は蚊に刺されたり、しびれを切らした旦那があきれながら開けてくれるのです...

 

何とかしてこれをやめたくていいアイテムが無いか探していた時に見つけたのです。

便利でかわいいアイテム!キークリップ

こんな感じの物を見つけたのです!!!

これはクリップ上のパーツが付いたキーホルダーになっていまして、バックの中の内ポケットにクリップで留めれば、バックの底の方にカギが落ちてしまわない様に防ぐアイテムなんです。

それにバックを見れば、一目でわかるモチーフもついているので、気づきやすいしとても便利ですよね!
ただ、ネットで売っている物だと、大体1000~2000円ほどかかり、そんなに出すのもなぁ...なんて思ったえのこですが、気づいてしまったのです。。。

髪留めを使ってキークリップに代用できるのでは?

よく見るパッチン留めでは難しいのですが、似たようなクリップ式の髪留めで作れる気がする!と思ったのです!

 

早速いろいろリサーチしたら、セリアでこの様なちょうどよいパーツを見つけました!!

こちらはバネタイプのヘアアクセサリー用金具になります。

100円で3本は安すぎる!あとは、カギをつけられる様に加工すればいいだけで簡単にできる!と思い、家の中を漁って
余っていたビジューパーツを使ってデコレーションしながら、作ることにしました!!

 

用意した材料はこちら!

ヘアクリップ セリア100円3本入り

接着剤 エポキシ樹脂の接着剤(2液を混ぜて使用するタイプの接着剤です)
これは金属同士をくっつけるにはとても適しています!100円ショップで売っています!

チャーム カギを繋げられる様にカンが付いたチャームが必要です。私はスワロフスキーのカン付パーツを用意しました。

その他デコレーションする物(裏が平らなパーツがお勧めですよ。4mm程度のパールも頑張れば付けられます。)

短めに切ったっチェーンと丸カン(チャームとカギを繋げる物ですチェーンは大体3cmぐらいがお勧めです)

今回家にあったパーツで殆どスワロフスキーの為、多分既製品と同じくらいの材料費ですが、、、100円ショップやパーツ屋さんで買えば700円ぐらいで出来ますよ!

 

作り方をざっくりと紹介!

作り方その① ビジューの下準備をしましょう!

私の場合、ビジューを石座というパーツにはめる作業があった為それを行いました。これをしないとビジューが安定しないのと、爪という突起物を平ヤットコでしっかりと押し倒さないと、ストーンが抜けてしまう為、しっかり倒して固定します。

作り方その② エポキシ樹脂の接着剤を用意する。

エポキシ樹脂の接着剤は2液入っていまして、この2種類の接着剤を同量出してしっかり混ぜないと、固まらないものなんです。
混ぜてから固まりだすまで接着剤によってバラバラです。

5分から固まりだすものもあれば、60分たってからやっと固まりだすものもあります。じっくりと位置を調整したい方は60分タイプがいいですし、急いで作りたい方は5分タイプがいいと思います。ご自身で決めてみるといいですよ。

今回えのこは5分タイプにしてみました!

作り方その③ エポキシ樹脂の接着剤でビジューを取り付ける。

底面にしっかりとエポキシ接着剤をつまようじで塗ってしっかりとヘアークリップに押し付けていきましょう!そして最初は必ず、チャーム上になっているパーツから着けていきましょう!

このとき、丸カン部分が外に出る様にすると、後々カギをつけられるので、丸カンを埋めない様に接着していきましょう!

そうしたら、私個人のやり方ではまず、大きいビジューから接着していき、余った気になる隙間に小さいビジューやパールをつけていった方が、隙間がなくなる気がするので、その順番で付けていきます!

 

作り方その④ エポキシ樹脂の接着剤でしっかりと補強しましょう!

自身が満足するところまでデコレーションが出来たら、もう一度エポキシ樹脂の接着剤を同量ずつ出して、混ぜましょう!
混ぜ終わったら、側面から見て、ビジューとビジューの隙間を埋めていくように接着剤をつけていきます。

そうする事で、底面だけでなく側面同士でビジューがくっつくのでより強力になります!
特にカギをつける予定のチャーム部分にはしっかりと多めに接着剤を盛ってあげましょう!

 

作り方その⑤ 接着剤が乾いたら、カギとクリップをチェーンでつなぐ

完璧に乾いたら、チェーンでカギとクリップを繋げましょう!

私は少し太目のチェーンを用意して繋げました。その方がなんか丈夫そうだし、存在感がでてバックの中で目立つと思ったので!

 

自作キークリップの完成!!

今回は珍しく目立つショッキングピンクを使ってみました!えのこが使っているバックは結構ネイビーやブラックが多いので目立つかな...?と思ったのです!

早速使ってみましたが、いい感じです!クリップが大きいのですぐ気づきますし、簡単に内ポケットに留められるのでえのこは大満足です!

ただ、元々はヘアクリップ用なので側面をみると、ギザギザしているのがわかるかと思います。
これが食い込んで、バックに跡がついてしまいます...トートバックなどの布製のバックならそんなに気になりませんが、革製品や合皮だと目立つので注意してくださいね。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

今回は殆ど接着剤でパーツを張り付けるだけで出来るキークリップを紹介しました!ちょっとした息抜きに便利アイテムをさっと作ると、なんだか得した気分になってテンションが上がったえのこなのでした!

横で旦那は、『どうせ、クリップついても、えのこの事だからすぐバックの中に放り込んで、ないない!!って始まるよ...』となんだか本当にあり得そうな事を言っていますが、、、せっかく作った便利アイテムをしっかり活用していきたいと思います!!

気になった方は是非試してみてくださいね~

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

-ハンドメイド

Copyright© えのこのアトリエ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.