ハンドメイドアクセサリー作家、えのこの日常

えのこのアトリエ

ハンドメイド 日常

ホールが2つあるチェコガラス ツインビーズの使い方をご紹介!

更新日:

こんにちは。えのこです。

今日は日常編で、私の好きなチェコツインビーズについて色々と、書かせてください!

ホールが2つあるチェコガラス ツインビーズの使い方をご紹介!

チェコビーズついて詳しくご紹介!

チェコビーズとはチェコ共和国で作られたガラスビーズの事を指すそうです。
実はえのこは一度は行ってみたい国なんです。チェコには”世界一美しい街”と呼ばれるチェスキー・クルムロフという町があるんですよ~

街並みが美しく、オレンジの屋根がとても印象的だそうです。映像でしか見たことが無いので行ってみたいんです~

さて話が逸れてしまいましたが、そんな美しい街がある国で作られたビーズたちは様々な形、色合いが豊富にあって創作意欲を掻き立てられます!

    

 

えのこコレクションを一部紹介★

その他特徴ですと、有名なのがチェコビーズのファイヤーポリッシュという技法になります。

通常のガラスビーズはマシンでカット面を作るので、パキパキした印象ですが、ファイヤーポリッシュは英語を訳すと『炎で磨く』という意味になります。
その為、カット面があって、角が尖がってなくやわらかい印象を与えてくれます。パールクラブさんや貴和製作所さんですと通常のガラスビーズやチェコガラスビーズが沢山取り扱っているので是非、見比べてみてください。

やわらかい印象があるチェコビーズはナチュラルなアクセサリーを作りたい時にはお勧めです!

 

ツインビーズについて詳しくご紹介!

チェコツインビーズというのは楕円型のビーズになんと糸やテグスが通せる穴が二つあるんです!

まるで、豚のお鼻みたいですよね。(笑)

不思議な形をしていますが、ビーズ通し穴が2個あるのが、とても重要になっており、様々なモチーフを作れるんですよ!

 

使い方としてはまず、一つ目が、写真の様に組み上げながら順番に通してあげれば、平たいモチーフが出来ますよ。
伸びるゴムテグスなどに通してあげれば、この様なブレスレットも簡単に作れます。

 

 

 

通しただけなのに手がこんだようなモチーフが出来て作りごたえがありますよ!
また他にもこのようにテグスを通して、結べば簡単にエレガントなお花のモチーフも作れるんです。

私は編み方を考える時、色が付いたテグスを使用している為、派手な黄色のテグスを使用しています。

実はえのこのブランド商品のこの魔法陣と言われたイヤーアクセサリーシリーズやあじさいシリーズは、この技法を使って作っているんですよ。

 

私のブランドについての紹介はこちらです。

私のアクセサリーブランド summonjewelry を紹介します。

パズルの様に組み合わせて、テグスの通し方や、使うビーズの色合い、はたまた違うビーズを組み合わせても雰囲気が変わるんです!
ビーズの穴が二つ空いているだけでこれまで様々な形が作れるのは、奥が深いんです...!

 

まとめ

今回は、勢いでえのこの好きな素材について書かせていただきました。(笑)

嫌なことがあった時や、何かに没頭したい時に編み方を考えるのが楽しくて、ついつい使ってしまうビーズなんです。
ジグゾーパズル好きな方は本当にお勧めです!

もし、少しでも興味を湧いたら、是非手に取ってみてください。

それではまた~

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

-ハンドメイド, 日常

Copyright© えのこのアトリエ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.