ハンドメイドアクセサリー作家、えのこの日常

えのこのアトリエ

日常

オフィスで働くアラサー女子にお勧めしたい!えのこが使っているA5バインダー手帳のレビュー!

投稿日:

こんにちは。えのこです。
今日はえのこの日常編で私が仕事で愛用している、A5バインダー手帳を紹介したいと思います。

特に事務仕事をしている女性にはお勧めしたいと思っています。なかなか仕事で使うノートが見つかってない方は是非参考にしてみてください!

オフィスで働くアラサー女子にお勧めしたい!えのこが使っているA5バインダー手帳のレビュー!

長年ベストなシステム手帳を見つけられてなかったえのこでしたが、やっと出会えたのがこの形でした!
今ではもうこの形で5年ぐらいは愛用しています!

オフィスで使うなら、個人的にはカバーはPU素材がお勧め!

 

カバーは最初3年ほど、本革を使っていたのですが、本革だとリフィルに色映りしてしまい、それが嫌で新しいものにしました...(本革高いのに泣)
今使っている物は、2年ほど前にロフトで見つけたお試しリフィルが入ったPU素材のカバー MARK`S-マークスーのバインダー手帳です。

たしか¥3,500くらいで購入したので、最初は安いのでどうだろうか...?と不安だったのですが、使ってみたらそんな不安吹っ飛びました!

オフィスで飲み物をよく飲む女性はこの時期だと、水滴などで机が少しぬれたりしますよね?PU素材のカバーは、本革に比べると、水に強いのでよくお茶をこぼすえのこにはベストな素材ですし、なにせPUならではこその、可愛い柄や色が沢山あって豊富なバリエーションから選べるので女性にはお勧めです!

ただ、ボールペンのインク汚れが付きやすいので、注意してくださいね。あまりお勧めしませんが、水に濡らしたメラニンスポンジで優しくこすると、汚れが落ちます。
柄も落ちることもあるので完全に自己責任ですが... 気になる汚れが手軽に落とせるのがいいと思います~

 

ページを外せるから、利き手を気にせずメモが取りやすい!

今まで、ノート式を使用していたのですが、見開きにするとどうしても浮いてしまい、右利きの私はどうしても反対側の左ページにメモが取りにくかったのです。

商談終わって見返してみると文字が斜めになってわかりにくいし、読み返す気力も失ってしまうのです。
みなさんも仕事場から自宅に帰ってきて、部屋が汚かったら萎えますよね。 私も外出先から帰って来ていざ!まとめようとして、メモが汚かったら、また今度にしよう...となってしまうのです。

まぁ、仕事でそんなわけにもいかないので頑張るのですが。(笑)

それを解決してくれるのが、このバインダー手帳なんです!

この様にページを外せば、左側もきれいに書けますし、そして好きなところに差し込めるのが魅力です。
ノートだと、ページを間違えて飛ばしてメモしてしまった時、もとに戻せないのですが、バインダー式ならリフィルの順番を変える事も出来ます!

商談などの外出先で、必要な物がすべて手帳に納められる点

これは、感動しました。6穴リフィルには便利なもので、ポケット付きの物もあります。

ただ、文房具屋さんで買うと高いので、私はセリアで購入しました!けれど、仕様が少し違い穴が開いている位置が違っていたりするので、選ぶときは注意です!
(写真のをみると穴の位置がずれているのが、お判りでしょうか...?)

私はこのポケットに、愛用のフリクションの替え芯と付箋を必ず入れる様にしています。
恥ずかしい経験で、商談中にフリクションのインクが切れたら替え芯が無く、見かねたお客さんがペンを貸してくれるという。情けないことがあった為、常に手帳には入れています。

また、私の職業柄、商談中に頂いた、お客様の要望をその場で付箋に書いて、その付箋を提案したサンプルに直接張って、工場へ指示したりもするので必須アイテムなんです!

デスクでノートを広げられながらパソコン作業が出来る!

手帳の上に手を常に置いてしまうことになりますが...私はいつもこんな感じにキーボードの前に手帳を広げて仕事をしています。

バインダー手帳だからこそ、見開きで置いた時、デスクにしっかりとくっつく様に広がってくれるので邪魔に感じないですし

この状態に設置してノートに書いた情報をパソコンでまとめる時は、首を左右に振ったりせずに、目線を下に落とすだけで、ノートの中身を確認しながら、パソコンに情報を打ち込めるのが首が疲れないのでとてもいいんですよ~

手書きノートとパソコンを両方使う職業の方にはお勧めです!

ズボラな方にはお勧めしたい!すべてを1冊にまとめられる!

出来る女性は、なぜかプライベートのスケジュールと仕事のスケジュールを別々で管理していますよね...私、それが出来ないんです!

最近だとスケジュールアプリも出て便利になったのですが、使って打ち込んでみると忘れちゃうことが多くて、長年の癖なのか手書きで書きこまないと予定を忘れちゃうんです。
スケジュール帳とノートと商談ノートと何冊も持って仕事に行くのが荷物がかさばってつらいのと、今日はこれ忘れた...!ってことが多くなるのが嫌だったのです。

しかしバインダー手帳ならすべてをリフィルでまとめて一冊に出来るので、荷物もかさばらないですし、スケジュールを見ながら、商談の内容を書き込むときもページを外して狭いスペースで見比べながらまとめられるのは、机の上もきれいになって、仕事にメリハリがつく様になりました!

なので、私はスケジュールは黒字は仕事、赤字はプライベートと分けています。色んな色のペンを使うのもいいのですが私はシンプルに2色で使い分けています。1ページで両方のスケジュールが見れれば、急なお誘いにも対応できるので◎

リフィルを自作すればもっと便利な自分だけの手帳に出来る点

最初、えのこは無地や方眼紙のリフィルに自由に書き込み、メモを取ったり、デザインを書いていたりしていたのですが、
時に商談や打ち合わせの際にメモ取っている時、【あーーこのページに会社戻って打ち込むフォーマットと同じ表が印刷されていたら、入力する時楽なのにーーーー!!】と思ったのです。

なら無地のリフィルに印刷すればよいのでは?とひらめき、今では自作のリフィルを使用しています。
エクセルを使えれば簡単に作成できますし、ネットで探せばフリー素材も多く存在するので探してみるのもお勧めですよ!

 

今では主に本職の商談用のリフィルと今書いているブログのネタ用のリフィルを作って活用しています。
この二つ本当に作ってよかった!!心から思えるぐらい仕事やブログ作成が便利になったので、次回はこの2つのリフィルの事も紹介できればと思っています!

あまり言いたくないけどバインダー手帳の悪い点も紹介します...

ここまでお勧めしてたのに否定するのか!!!っていう声もあるかもしれませんが、これも一つの検討材料になってもらえると幸いです。

お金が意外とかかる...

これは本当です...

えのこのバインダー手帳のリフィルやもろもろの金額を記憶で書いていきますね。

バインダーカバー  (外側のカバー)3,500円
ポケットリフィル (ふせんなどを入れているポケット) 100円
インデックス (中をテーマごとに分ける仕切り)   700円
月間スケジュールリフィル (スケジュール帳の部分) 700円
方眼紙リフィル100枚入 (アクセサリーのラフデザイン書く時に使用)600円
無地リフィル100枚入 (自作リフィル印刷用)500円

合計で約6100円もかかっております...商談ノートとかスケジュール帳なら安くても合わせて2000円もしないのに...一年間で毎年ワンピース1着買えます。

メーカーによって仕様が違うので、ネットで買うのをお勧めできません

同じA5バインダーでもメーカーごとに穴の位置や大きさが違ったりします。
これが厄介で、はじめてそろえる人とかはあまりネットで買わない方がいいと思います。

以前私も替えのリフィルをネットで購入したら仕様が違くて、全然使えなかったことが何回かありました。
不安な方は、店舗で直接見ながら選んだ方が、無駄にならずに済みますよ!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

えのこのバインダー手帳をご紹介させていただきました。
仕事で使用している物を少しでも自分が使いやすくすれば、その分仕事もはかどるので、たかが仕事用のノート、スケジュール帳だから、なんて思わずに様々タイプを試してみてください。

仕事で使っているノートに悩んでいる方の参考になればうれしいです。

それではまた~

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

-日常

Copyright© えのこのアトリエ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.